hayatouriの日記

はやとうり の独り言

帯状疱疹が出た!

 


ある金曜日の朝、シャワーをして出勤支度をしていると何やら右脇腹がかゆい。


見ると2つほど発赤があり、なんだろうと思ったが薬も付けずそのまま出勤。


治療の合間もかゆみは増していき、仕事終わりに服を着替える時確認すると、すでに発赤は帯状につながり始めている。


こまったなぁ💦
明日は土曜日だし病院開いてるかなぁ


と思いながら一晩過ごす。


次の朝洗面台で患部を確認すると、もうすでに立派な帯状疱疹が右脇腹の下から背中にまで帯をつなげている。


あーやっぱり😮‍💨


ネットで近所の医院が開いていることを確認し、車を走らせる。


このドクターは自分の大腸ファイバーでもお世話になっている方なのでお互いよく知っている。


待合には患者さんが大勢で、約1時間ぐらい待っていよいよ診察。


いつものように優しい笑顔で「帯状疱疹ですか?」と問診票を見ながら声かけてくれる。


ちょっと見せていただけますか?


そういうなり


あ〜〜これは間違いなく帯状疱疹ですね。


相当痛くなりますから、帯状疱疹の薬と痛み止めを2種類2週間分お出します。


大体30%位の方に神経痛などの後遺症が出ますのでとりあえずお薬を飲んでみて様子みてください。


その後の痛みについては、残るようでしたらまた相談しましょう。


ということだった。


とりあえず薬を飲んで様子を見る。


薬飲み始めて2日目


帯状疱疹はピークに達し、水疱状態のものも現れるがそれでも不思議なことに痛みは全くない。


かゆみだけはあるものの。


次の日、別の採血があり今度はかかりつけの医院へ。


帯状疱疹の話をすると、やっぱりちょっと見せてとなった。


痛いでしょう!


とドクターが聞いてきたので


いやそれが全く痛くないんですよかゆいだけで😅


と答えると


そんなことあるんですね😵
と首をかしげている。


帰り際看護師さんが

 


いや、でも最近多いんですよ〜!


と耳打ちしてくれる。


最近多い??


んん?


自分の体に起こった最近の大きな変化はあの件しかない。


1ヵ月前になるが2回目のコロナワクチンを打って39度近く熱が出て二日間苦しんだこと。

 


そんなこんなで帯状疱疹の1週間の薬は飲み終えた。


体表に現れている帯状疱疹には塗り薬を続けた。


ほぼ2週間でかゆみは消えて3週間では発赤もほとんどわからなくなった。


結局痛みは何も感じなかった。

 


もしやコロナワクチンか?

 


そこでコロナワクチンとの関係を探ってみるとネット上にあるわあるわ!

 

例えばこのニュース!

👆クリック

 

 

Twitterなどでもこの通り

 

f:id:hayatouri:20211028090945p:image

 

 

帯状疱疹が多く発生しているのをいいことに、

今度は帯状疱疹のワクチンを打ちましょうなどと業界は騒がしい。


完全にマッチポンプの様相を呈しているではないか。


3度目のコロナワクチンがあるとも言われている。


このため実際帯状疱疹のワクチンを打つ人も出始めている。

 

ワクチンを打つためにワクチンを打つ?

 

なにそれ?


コロナワクチンについてはわからないことがまだまだ多すぎる。


本当に科学的な知見に基づいた情報の公開が必要だ。