hayatouriの日記

はやとうり の独り言

今がシーズンのカツオ!  その1

 

3月から4月にかけて、環境に大きな変化があったり、新しい職場や人間関係による緊張感やプレッシャーによって、蓄積された疲労が出やすいのがこの季節です。


また、肌寒い日が続くと思ったら、半袖でも汗ばむ夏日になったりと、温度差が激しく体調を崩しやすい時期でもあります。

 

昨日などは車に設置された温度計で外気温が30度と表示されていました。


そんな時は、今が旬の「鰹」を食べることで、季節を感じ、元気をつけてこれから始まる暑い夏に備えませんか?

 

実は私も先日知人から大変立派な新鮮なカツオを頂戴しました。

f:id:hayatouri:20220525101918j:image

 

とにかくこれを「節」にします!

f:id:hayatouri:20220525101915j:image

その際に出る「アラ」も大切に取っておいて煮付けにします!


f:id:hayatouri:20220525101913j:image

骨以外はほとんど食べることができるお魚です。


良い機会なので今回は、奥深い鰹の世界をご紹介します!


「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」とは、松尾芭蕉と並ぶ江戸時代の俳人、山口素堂(やまぐち そどう)が詠んだ俳句です。

 

春から夏にかけて江戸に住む人々が最も好んだものとして、緑色が鮮やかな「青葉」、鳴き声が美しい「ほととぎす」、おいしい「初鰹」を紹介しています。

 

四季折々の食材を大切にしてきた日本人は、その季節の最初にとれた野菜・果物・穀物・魚などを「初物」と呼びました。

 

「初物を食うと75日長生きする」と信じてきました。

 

そんな「初物」と「鰹」が合わさった「初鰹」は、江戸っ子の中で大変な人気だったそうです。

 

鰹料理の代表選手「鰹のたたき」は皆さんもよくご存知でしょう。

 

鰹の「節」の表面に塩を振って、火であぶりなじませます。

 

その後たくさんの薬味をのせて食べる高知県の郷土料理です。

現代のように、冷蔵・冷凍技術が発達していない時代のことです。

傷みやすい鰹を生で食べて食中毒になるものが後を立たなかった土佐(現在の高知県)では、武将の山内一豊(やまうち かつとよ)によって、鰹の生食が禁止されました。

人々は、それでも鰹を生で食べたいという強い思いを持っていました。

 

表面だけをあぶることで「焼き魚」として食べていたことが「鰹のたたき」の由来といわれています。

 

また、一緒に食べていたショウガ、ニンニク、ネギなどの「薬味」には、殺菌消毒作用があります。

 

昔の人々の知恵から生まれた習慣は、現代でも生活の中に浸透しているのです。


私も高知の人々の「鰹のたたき」への愛情を実感したことがありました。

 

高知へ行ったとき路面電車に乗ったのですが、車内にニンニクの香りがしていたのです。

 

おそらく皆さん「たたき」を召し上がっておられたのでしょう。

 

つづく