hayatouriの日記

はやとうり の独り言

どうして?皆さん違和感ありません? インチとフィート その2

 

昨日の続きです。

 

現在もメートル法を採用していないアメリカ!

 

それぞれの単位を見てみましょう。

 

メートル法の単位

メートル


キロメートル

 

グラム

キログラム

リットル

キロリットル

 


ヤードポンド法の単位


マイル


ヤード


ポンド


オンス


バレル


ガロン

 


アメリカ国内で使われている単位は現在、メートル法で統一されていません。


むしろヤードポンド法が主流となっており、農場や工場、スポーツのコートのほか、スーパーやキッチンにおいてもヤードポンド法の単位が使われています。


単位換算がわかりやすいメートル法に対して、ヤードポンド法の単位換算は非常にややこしい!

長さだけでもマイル、ハロン、チェーン、ヤード、フィート、インチと呼び方が変わっていきます。


質量はポンド、オンス、グレーンで、体積はバレル、ガロン、クォート、パイントです。

もうここまでくると私にはさっぱり理解ができません!


しかしアメリカといえどもメートル法は世界標準の単位系ですから、使わないわけにはいきません。


そのため例えばジュースはリットル表記、牛乳はガロン表記、道路標識もマイルとメートルを併記するなど、2つの単位系が一緒くたになっているのです。


単位が統一されておらず、しょっちゅう換算が必要な状況では、必ずと言っていいほどトラブルが起きる事は想像に難くありません。


単位の間違いが大事故につながることも現実に起こっています。


火星探査機マーズ・クライメイト・オービターは、1998年11月に地球から打ち上げられました。

 

ところが1999年9月23日に起きた航行ミスにより、交信が途絶え、行方知れずになってしまいます。


のちの調査により、航行ミスの原因はヤード・ポンド法の単位で行われていた計算結果を、探査機の航行担当チームがメートル法の単位だと思い込み、換算をしないまま使用したこと」だと判明します。


この探査機の開発コストは当時の金額で1.931億米ドルだったそうです。


世界最高峰の知能が集まるNASAでさえこんな有様なのです。

取引のたびに換算が必要になる輸出入の現場や、一般企業、一般家庭で起きている単位換算ミスは数え切れないほどでしょう。


任天堂スマホゲーム『ポケモンGO』はアメリカでも大人気ですが、このゲームで使われた距離の単位はキロメートルだったため、アメリカのユーザーが「5キロメートルって何マイルだ?」と混乱した、という笑い話もあるようです。

 

 

つづく

 

 

どうして?皆さん違和感ありません? インチとフィート  その1

 


自分が使わない単位ってなんのことやらさっぱりわからないことがありますよね。

 

今、長さの単位でいうと大体センチメートルとかメートルで私たちはイメージすると思います。

 

男子陸上100メートル決勝!


なんていうと、小学校の頃から走らされてきた50メートルやら100メートルのイメージが体に染み付いていますよね。

 

ついでに言えば通学距離が1キロメートルとか大体のイメージで分かります。

その昔日本はそうではなくて、一寸、尺というような単位でしたし、お酒の量で言えば一合、一升のような単位が使われていました。

 

距離で言えば一里とか。

歴史によって私たちが使う単位はどんどん変わってきたのですね。

これを言うと年齢がバレバレになりますが、私が子供の頃は靴のサイズを「○文(もん)」とか普通に言っていましたよ(笑)

 

私の母親が私の靴を買うときに、サイズ確認のためそんな感じで話していたのを覚えています。

 

もうずいぶん昔のことになりますが、プロレスラーのジャイアント馬場がキックするときに「一六文キック!」とか普通に使っていた時代です。

 

つまりジャイアント馬場の足の大きさが一六文(一文2.4 センチメートルなので38.4センチとなります)という訳です。

 

そんな私たちの子供時代にも、自転車のサイズだけはインチを使っていました。

車輪のサイズなのでしょうか、「僕は20インチ」とか自転車の大きさを比べあったものです。

 

今から考えれば不思議ですよね。

私の治療院に来られるお客さんの中でも、漁師さんがいらっしゃいます。

 

どれぐらい遠方に漁に出かけますかと尋ねると、普通に「○○海里」と返答されて困ってしまうことがあります。

 

 

以前大工さんと話したことがありましたが、

和風建築には「やっぱり一間(いっけん)、一尺みたいな方がしっくりくるなぁ」と話しておられました。

 

鍼灸治療で私たちが使う単位も原則現在でも「寸、尺」を用いております。

 

というか使ってみてわかるのですが、鍼灸治療にセンチメートルを用いると明らかにおかしなことが起こってしまうのです。

 

この詳しい原因についてはまた機会があればブログにあげてみたいと思います。

さて本論に入る前にずいぶん寄り道をしてしまいました。

 

今回取り上げたいのはアメリカの長さの単位です。

アメリカは経済力、技術力、軍事力、全てにおいて世界トップの国だと言われています。

 

しかし「単位」の取り扱いに関しては、世界ワースト1位(ワーストワンですよ!)と言えるほど非効率で、遅れているとも指摘されているのです。


というのも、アメリカの単位は世界標準のメートル法の単位(メートル、グラム、リットル)が主流ではありません。

 

ヤードポンド法の単位(マイル、ヤード、バレル、ガロン、ポンド、オンスなど)が主流であり、両方の単位が一緒くたに使われているのです。

 

これには実際アメリカ人も困っており、様々な混乱を引き起こしています。

しかしアメリカは一向に単位を統一しようとはしません。

今回はその理由について考えみたいと思います。



つづく

サービス付き高齢者住宅(サ高住)の「常駐職員なし」の条件を厳格化!  その2

 

昨日の続きです。

 

ではサ高住の職員常駐なしの条件の厳格化とはどのようなものなのでしょうか。

 

元々改正高齢者住まい法に基づくサ高住では、介護福祉士や看護師などの常駐が義務付けられていました。

 

ただ、夜間帯(午後5時から翌日の午前9時など)は、全ての部屋に緊急通報装置を設置することなどを条件に、介護福祉士や看護師等の職員の常駐なしでも可能であると省令で認めました。

 

深刻な職員不足に対応するためです。

 

その後今年9月には以下の通り改められたのです。


①緊急通報装置の全戸設置


② 1日1回の訪問や電話


③入居者の心身に異常がなく、同意を得ている


という条件であれば「日中でも介護福祉士や看護師など常駐職員がいなくてもよい」ことが認められました。


つまり、全戸(全室)に緊急通報装置を設置し、事業者が「入居者の介護状態を勘案して支障がない」と判断して入居者の同意を得れば、日中も職員を常駐させる必要がなかったのです。

 
その場合、事業者は1日に1度、訪問や電話、見守りセンサーなどで入居者の状況を把握しなくてはならないとの決まりはありましたが。
 
どうですか?

 

日中でも介護福祉士や看護師など常駐職員がいなのです!
 
自分の家族がそこに入居していたとしたら少し不安になりませんか?

 

私の知る限りのこの地域のサ高住ではこのような事は行われていません。

 

しかし大阪環状線などを走った時に、環状線のすぐ横の細長い高いビルなどにもサ高住の看板がかけられているのを見かけます。

 

都市部のビルの中に設置されているサ高住の中には「昼間でも常駐職員がいない」施設が実在しているのです。


これらの点を改善させるべく厳格化されたものは


①要支援要介護の人が入居している場合は緩和の対象外


②指導監督する自治体の承認が必要 


との項目が追加されました。


国交省が9月に施行した省令の問題点が早くもあぶり出された形となりました。

 

もちろん優先すべきは利用者の生命と安全です。


国交省や国は9月に省令を出した時、このような問題が起こることをわかっていたはずです。

 

関係者の指摘通りの結果になってしまったのです。

 

医療や介護は実に個別的で多様な形態の支援が求められます。

手厚くシステムを作った団体にはそれなりにきちんとした補助や支援が国や地方自治体から届けられることを切に願います。


拙速な提案はやめて、現場や地方の意見をよく組み上げて取り組みを進めてほしいと思います。

 

 

サービス付き高齢者住宅(サ高住)の「職員常駐なし」条件を厳格化  その1

 

もう亡くなった私の両親もお世話になりましたが、見守りサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」のお話です。


今や全国で約27万人が暮らす見守りサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。


この「サ高住」について国土交通省が日中の「職員の常駐なし」の条件を厳格化したことが分かりました。


というか、サ高住で日中の「職員の常駐なし」が行われていたということを初めて知る方も多いのではないでしょうか。

 

え〜そうだったの!!

 

なんて思いませんか。


国交省介護の必要な入居者がいる場合などは、日中の「職員の常駐なし」を認めない方針を、事業者を指導・監督する都道府県などに通知しました。


これまで出ていた「入居者の安全に支障が生じる」との声に配慮した形となりました。


もともと今年の9月からは、国交省では「常駐なし」を認めていました。

 

職員の担い手不足の緩和につながるとみていました。
 
「安全の確保を前提に、人件費の削減で低廉な家賃を実現できれば、低所得者も入居しやすくなる」との立場をとっていたからです。
 
サ高住は健康状態が日常生活に支障がない高齢者の住まいとして導入されました。
 
しかし実際には、介護が必要な人の受け皿となっている実態があります。
 
国の委託調査では、要介護3以上が入居者の約3割を占めていました。
 
またサ高住の入居者のうち、要支援・要介護ではない高齢者の割合はわずか1割弱にしか過ぎません。


国交省は「慎重に対応すべきだという指摘に配慮した。常駐不要のサ高住が急増することはないはずだ」(安心居住推進課)としています。

 

これは私たちの介護の経験からも明らかですが、例えば介護対象者が要介護3になったからといってすぐに特別養護老人ホームに入居ができるわけではありません。
 
空室ができるまで長い待ち時間が必要でした。
 
どうしても自宅で過ごすことのできない高齢者は、特別養護老人ホームに入るまでの間はこのサ高住を利用せざるをえないということになります。
 
では具体的にサ高住の職員常駐はなしの条件の厳格化とはどのようなものなのでしょうか。

 

つづく

音楽大学が危機に!  その3

昨日の続きです。

 

少子化が叫ばれていますが、大学進学率が大幅に上昇したことで、実は大学の学生数は大幅に増えています。

その中での音大学生数の大幅減少、これは一体どういうことでしょう。

何かが間違っているのでしょうか?
 
音楽大学はもともと企業就職が少ない傾向にあります

 

ですから演奏活動や音楽教室の講師をしながら、今では“ほぼ絶滅”した「家事手伝い」として卒業後数年を過ごすことが多く、結婚して家庭に入るのが一般的でした。

しかしこれは実家が裕福であることが前提です。

一般大学のように自立を促す方向で企業就職に力を入れて指導することがなかったのです。

多くの音大では、女性が活躍する社会となる中で、旧態依然のまま時代の変化に背を向けてきた可能性があります。

自立するには何も企業就職ばかりではなく、音楽家や音楽教育家、音楽関連ビジネスで生きる道もあるはずです。

 

それに必要な経営学や起業論、会計などのカリキュラムが加わることはなく、演奏教育ばかりが重視されてきました。


その結果、卒業後は「演奏活動」という名の1日1万円にも満たない単発のアルバイトと、飲食業などでのアルバイトの組み合わせでしばらくしのぐものの、30代には頼みのアルバイトもなくなり、困窮するケースがとても増えていきました。


そのため「音大は就職に不利」との考えが蔓延しました。

 

また「あそこの子はピアノが上手だったけど、今は家にいるみたい」「音大近くの居酒屋は卒業生のバイトで溢れている」などの口さがない評判がSNSなどで追い打ちをかけています。

 

これらが学生募集に大きなマイナスの影響を及ぼしたと考えられます。


2000年度から2019年度までの20年間で、女子大学生が約3割増えました。

 

音大も同様であれば、年に3万人近い入学生を受け入れられたはずでした。

 

ところが実際には逆に約4割もの大幅減少となり、8000人にまで減ってしまいました。

事ここに至ってすら就職に力を入れない多くの音大があります。

就職課やキャリアセンターがない(廃止した)、あるいはあってもほとんど機能せず、就職率が5割にも満たない音大が多く存在するのが実情なのです。

以上武蔵野音楽大学の大内孝夫さんのご意見を紹介してきました。

 

私たちの地域を考えても、小さな音楽教室やピアノ教室がたくさんあります。

 

もともと音楽関係の就職先はあまり多くなく、大学が大内さんが述べられている現状であれば学生の就職先は大変厳しいものになります。

 

芸術に救われたり、人生を豊かにしてもらった人々はずいぶん多いのではないかと思います。

 

その芸術や音楽を支える人たちをもっと国や大学等がサポートしなければ、日本はなんだか将来芸術が先細りしていく「さみしい国」になっていくような気がして仕方がありません。

 

 

 

音楽大学が危機に!  その2

昨日の続きです。

定員割れが大きいと、文部科学省から交付される補助金が減額されます。

学生が減れば定員を減らし、減らしても学生が集まらなければさらに定員を減らすという、まるで“イタチごっこ”のような悪循環が続いているのです。

しかもその傾向は私立で際立っており、もともと学費が安くて人気の国公立大学や一部を除き、収まる気配は感じられません。


それは文部科学省の学校基本調査をみれば明らかです。

音楽関係学科の学生数は
1990(平成2)年度約2万2000人
2000(平成12)年度約2万3000人

と、この10年はほぼ横ばいでしたが、7年後の2007(平成19)年度に2万人を割り込みます。

 

2020(令和2)年度には、約1万6000人と、この20年で3割以上も減少してしまいました。


この学生数の減少に対し、音大側は募集定員枠を減らして対応してきましたが、多くの私立音大は、減らした定員すら満たすことができずにいます。


その現実を示すのが日本私立学校振興.共済事業団の入学志願動向です。

音楽学部の入学定員充足率は2012(平成24)年度以降ずっと100%(定員)割れが続いています。

しかも9割未満の大幅定員割れなのです。


2020(令和2)年度になって一部音大の募集状況改善から久しぶりに93.2%と9割台を回復しましたが、それでも全学部平均102.6%には遠く及びません。


一部個別校の定員割れは、平均数字以上に深刻です。

2020年の定員充足率を見ると、2021年度から新規学生の募集を停止する上野学園大学の50.0%を筆頭に

平成音楽大学51.3%

東邦音楽大学59.0%

聖徳大学68.5%

エリザベト音楽大学72.8%

くらしき作陽大学75.7%

武蔵野音楽大学82.7%

国立音楽大学83.0%

となっており、これらは約770ある大学中、下位100校にランキングされます。


このままではさらなる募集定員の減少に追い込まれかねない情勢です。

つづく

音楽大学が危機に!   その1

 

少子化が叫ばれて久しい中ですが、大学全入時代にあって、実は大学の学生数は増えています。

 

具体的には2021年度に大学の学部に所属する学生の総数が前年度を2,116人上回る262万5,688人に達しました。

過去最多を記録したことが、文部科学省の学校基本調査(確報値)で明らかになりました。

女子学生の数も前年度から3,090人増えた119万6,555人となり、過去最多を更新しています。

 

例えば私が卒業した医療系の専門学校も昼間部だけであったものが夜間部が併設されました。

 

入学試験も一回だけであったものが、数回にわたって行われるなど学生確保に力を入れているようです。

 

すべての大学が順風満帆かといえばそうでは無いようです。

 

特に音楽大学は異常ともいえる学生減に見舞われているようです。

私のイメージでは、音楽大学進学といえば、ご家庭にもそれなりの収入があり、幼い頃から楽器などのレッスンを受けてその先に音楽大学に進むというものがありました。

 

その音楽大学が苦戦している?

 

果たしてその原因はどこにあるのでしょうか?

 

少し気になったので調べてみました。


銀行支店長から音楽大学教授へ転じた異色のキャリアを持つ大内孝夫氏

 

※1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)入行。

証券部次長、いわき支店長などを歴任。

2013年より武蔵野音楽大学にてキャリア指導を担当。

 

はこのように語っています。

 

・・・・・・


私は多くの音楽大学にうかがう機会をいただいていますが、どの音大も抜群の教育環境を整えています。


例えば指揮者の小澤征爾さんなど世界的な音楽家を多く輩出し、私立ナンバー1の呼び声が高い桐朋学園大学

 

新宿からキャンパスまで30分程度で行ける調布市内の閑静な場所に広大な敷地を有しています。

 

東京音楽大学は著名人や財界関係者の住まいがある代官山。

 

武蔵野音楽大学は、池袋から西武池袋線で6、7分の江古田といった具合で、近年大学の都心回帰が叫ばれる中、ほかの多くの一般大学がうらやむ、恵まれた立地条件にあります。


しかもキャンパスにはいくつものコンサートホールや防音がしっかり施された練習室などの充実した設備を有しています。

 

最近は校舎の建て替えも盛んで、新しいキャンパスが続々とオープンしており、まさに音楽を学ぶにはうってつけの環境です。


授業は専攻楽器や歌などの個人レッスンや、少人数で行われるものが中心で、先生との距離も非常に近く、先生と学生がいたるところで会話しています。

 

私などはマンモス大学に通っていましたから、語学を除けば授業は1教室200~300人で受けるのが普通で、身の置き場がなく感じることが多かったと記憶しています。


銀行員から音楽大学に転職した際は、彼我の学習環境の違いにただただ驚くばかりでした。

 

このように恵まれた教育環境にあるにもかかわらず、音楽大学の学生数は、全体としてここ20年減少の一途を辿っています。

 

しかも特にこの10年、その傾向が顕著です。

 

つづく